加齢臭について
加齢臭,消臭

加齢臭について

以前は、「加齢臭」という言葉はありませんでしたが、「加齢臭」の言葉の代わりに、当時は「オヤジ臭」と言われていたと思います。
一度でも耳にしたことはありませんか?

加齢臭とは、中高年特有の体臭のことで、エイジングノートとも呼ばれています。
この中高年特有の臭いの原因は、不飽和アルデヒドのノネナールであり、2000年12月11日に資生堂により「加齢臭」と言う名称が付けられました。
この加齢臭は、実は男性だけでなく女性からも出ているということです。

それでは、どのような臭いのことを加齢臭というのでしょうか?
強いて言えば、ろうそくや古本の臭いのようだと言われています。

しかし、なぜ今になって加齢臭が話題として挙げられるのでしょう?
本来、日本人の体臭は外国人と比べてあまりない人種なのですが、食生活の欧米化などにより加齢臭や体臭を気にする人が増加傾向にあります。
戦前の日本の食生活は和食が中心だったため、体臭が発することはそんなにありませんでした。戦前ですから、もう60年以上も前のことです。
それが、戦後からの日本は輸入も盛んになり豊かな食生活へと劇的に変化していきました。魚中心の和食からお肉中心の食生活へと変わっていったのです。
実は、乳製品やお肉は体臭を発生させやすい食品なので、こういったものを摂取していると必然的に体臭に影響を与えます。
動物性脂肪は肉や乳製品にたくさん含まれており、体内に吸収されると酸化を起こします。この酸化により体臭が発生するのです。
動物性脂肪単体だけでは酸化は起こりませんが、喫煙、ストレス、アルコール類、脂っこい食品などが合わさることで体臭の原因となります。

加齢臭は女性にもありますが、男性に対するイメージがなぜこれだけ強いのでしょうか?
女性より男性のほうが皮脂の分泌量が多いのが理由のようです。

スポンサードリンク

ページTOPへ

次のページへ[6]
[0]加齢臭の原因解消TOP

2009(C)加齢臭の原因を解消しておやじ臭を消臭!

プライバシーポリシー