加齢臭は老化の始まり
加齢臭,老化

加齢臭は老化の始まり

加齢臭という響きですが、40歳を越えた人にはとても気になるものではないでしょうか。

一般的には、40歳を越えると臭いが発生してきます。
抗酸化作用が活発な20代〜30代の年代では、臭いが抑えられていますので加齢臭を発することはあまり無いでしょう。

それが、40歳を越えると酵素の減少から加齢臭の原因となる活性酸素の働きで臭いを発するのです。

つまり、加齢臭が発生するとそれが老化の始まりを意味しています。
脂肪酸の酸化が進んで過酸化脂質が多く作られてきますが、それが老化の始まりなのです。

男女では老化の変化に差があって、加齢臭を早く発生させるのは男性のほうだと言います。
加齢臭の原因物質のノネナールが40歳を越えた男性に出始めるので、体内より嫌な加齢臭を発することになります。

女性は閉経を迎えた50歳以降からノネナールが出始めてくるので加齢臭が発生し始めるそうです。
つまり、加齢臭は、男性の場合は40歳以降、女性の場合は50歳以降に発生してくるようです。

男性特有の印象が強い加齢臭も実際は女性にもあるということですね。
加齢臭を防ぐために、様々な対処を施しましょう。

スポンサードリンク

ページTOPへ

[0]加齢臭の原因解消TOP

2009(C)加齢臭の原因を解消しておやじ臭を消臭!

プライバシーポリシー