加齢臭と口臭の原因は別!
加齢臭,口臭,原因

加齢臭と口臭の原因は別!

口臭と加齢臭、どちらも嫌な臭いには変わりありませんよね。しかし、臭いの元は全然異なるものです。
発生原因は異なるこのそれぞれの臭いも、やはり他人に与える不快感はとても大きく、その臭いで受ける自身への印象は悪くなるかもしれません。

40代の中高年の男性といえば、仕事もどんどんこなす働き盛りの年代ですから、誰でも周囲から「加齢臭が漂っているよ」などと言われたくはないでしょう。
他人に言われても全く気にしない人はいるかと思いますが、例えば、営業や接客業など普段からたえず人と会うような仕事をしている場合は、臭いを放っておくことはできません。

自分は良くても相手に不快感を与えてしまいます。仕事の業種によっては加齢臭が原因で商談などうまく進まないかもしれませんよ。
そうならないために、加齢臭が出てきたと感じ始めたら、早めに加齢臭対策や予防などをしていってくださいね。

話は元に戻りますが、加齢臭と口臭がどう違うのかをここで説明していきます。
体内で脂肪酸の酸化からできる物質「ノネナール」が加齢臭の原因となり臭いを発するのです。
そして、口臭には歯に付いた食べかすが酸化した臭いや虫歯の臭い、歯槽膿漏や胃から発する臭いなどが主な原因でしょうか。
ほかに、舌苔と言って、舌に付着した臭いを発することもあるのです。

消臭作用が唾液にはありますので、口臭は唾液の働きによりある程度の消臭がされています。
朝目覚めたときに、口の中が臭うことが多いですが、これは寝ている間は唾液が出ていないからなのだそうです。

スポンサードリンク

ページTOPへ

[0]加齢臭の原因解消TOP

2009(C)加齢臭の原因を解消しておやじ臭を消臭!

プライバシーポリシー