加齢臭はなぜ臭いのか
加齢臭,臭い

加齢臭はなぜ臭いのか

あなたは「加齢臭」と聞いて、どういった臭いを想像できますか?
大概、古本やろうそく、チーズのような臭いといった意見が多いようです。
これらの意見だけだと、加齢臭が嫌な臭いだとはあまり思わないのではないでしょうか。

以前は、「おじいちゃんの臭い」や「おばあちゃんの臭い」、「オヤジ臭」といった表現がよくされていましたが、「加齢臭」は存在していませんでした。
加齢臭は、年をとって中高年の域に入ると発する体臭のことです。
しかし、この体臭を嗅ぐ人の嗅覚にも問題があるのではないでしょうか。
たとえば、小さい頃に祖父母の家に行ったり一緒に住んでいると、そこの家の臭いに鼻が慣れてしまっているため、その臭いに対して不快感を感じることはないでしょう。
逆に、その臭いを懐かしく感じるのではないですか?
3〜4歳の幼少期の頃には、人間の嗅覚は完成するそうです。
ですから、自分の幼少期を思い出してみると、「懐かしい臭い」という思いにかられませんか?

現在の日本は、少子化で核家族が多くなっていますので、一緒におじいちゃんやおばあちゃんと生活をする家庭は減少していると思います。
つまり、このような臭いを嗅ぐ機会は当然無いわけですから、加齢臭を臭いと感じるのでしょう。
人間の嗅覚は育った環境によって感じ方や受け方がそれぞれ異なるものなのでしょうね。

スポンサードリンク

ページTOPへ

[0]加齢臭の原因解消TOP

2009(C)加齢臭の原因を解消しておやじ臭を消臭!

プライバシーポリシー