臭い加齢臭とそうでない加齢臭
臭い,加齢臭,加齢臭

臭い加齢臭とそうでない加齢臭

加齢臭を良い匂いだと感じる人はほとんどいないでしょう。どちらかと言えば、不快感を感じる人が大半だと思います。
それでは、人間はいったいどのようにして良い匂いと嫌な臭いを区別しているのでしょうか?

人が呼吸をすると嗅神経細胞と言われる鼻の奥にある臭いセンサーの所に臭いの分子が到達します。
そして、そのセンサーが嗅覚中枢へ臭いを信号として送ります。
この時点では、臭いは感じているものの良い臭い、嫌な臭いの判断はまだ行われていません。
判断の受け付けは大脳皮質と言う場所で行われるのです。
結局、脳が臭いの良い悪いを判断していますので、感じ方に個人差が生じてしまうのでしょう。

もともと、嫌な臭いと感じた場合にその臭いを危険な臭いだと脳が判断を下します。
そして、本能的に警戒や回避をしようとするのです。
例を挙げると、もし、ガスが漏れた臭いを感じたら危険だと感じると思います。
これらが一連の脳の働きによるものです。

この大脳皮質は、臭いを判断するだけでなく知覚や心理、推理、記憶等などにも携わっています。
この記憶に臭いが直接的に結び付いているということになりますが、例えば一般的に嫌な臭いと感じてもその人の良い記憶と結び付いている臭いであれば、その人にとっては良い臭いだと脳が判断してくれるのです。

ですから、加齢臭についてもそれを不快な臭いと感じても、かつてのおじいちゃんやおばあちゃんの良い臭いと結び付けば、それほどまでに嫌な臭いだとは感じないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ページTOPへ

[4]前のページへ
[0]加齢臭の原因解消TOP

2009(C)加齢臭の原因を解消しておやじ臭を消臭!

プライバシーポリシー