加齢臭の原因と対策
加齢臭,原因,対策

加齢臭の原因と対策

ところで、加齢臭は防げるのでしょうか?

過酸化脂肪が原因で作られる「ノネナール」という物質が加齢臭を発生させるのですが、体内の過酸化脂肪を減らすことが加齢臭を防ぐのに効果があるそうです。

過酸化脂肪を減らすには、まず、動物性脂肪を摂ることを控えないといけません。

さらに、過酸化酸素を体内で発生させないようにしましょう。

ここでは、加齢臭の予防法についていくつか説明していきますので今後の参考にされてみてはいかがでしょうか。

※まずは、普段の食生活を見直すことで加齢臭の予防が出来ると思います。
動物性たんぱく質や脂肪が含まれている食品を摂ることが加齢臭の原因になりますから、極力控えることが大事です。

※加齢臭の原因になる脂肪を体の外へ出すために、しっかりと緑黄色野菜は食べましょう。

※ストレスは抱えないようにしてください。
ストレスが原因で生理機能が弱まると、発汗作用や皮脂の分泌が高まり、結果、加齢臭が発生してしまいます。

※ノネナールを発生させる原因としてアルコール類やたばこなどの嗜好品、香辛料が挙げられます。
これらは、できるだけ摂取しないように努力しましょう。

スポンサードリンク

ページTOPへ

次のページへ[6]
[0]加齢臭の原因解消TOP

2009(C)加齢臭の原因を解消しておやじ臭を消臭!

プライバシーポリシー