加齢臭はストレスで増加する
加齢臭,ストレス,増加

加齢臭はストレスで増加する

ストレスは今も昔のほとんどの人が抱えるもので、特に会社で責任のある仕事に就かされる立場にある40歳を越えた男性にはこのストレスが肩にずっしりと圧し掛かっているのではないでしょうか。
そして、会社だけでなく家庭においても、一家の大黒柱としての重圧がそれなりに圧し掛かっていることでしょう。
当然ながら、こういった状況の中では大なり小なりストレスを感じてしまうことは当たり前です。

加齢臭というのは、このようにストレスが原因となって発する場合もあるそうです。
ストレスを感じると体の中で活性酸素が増えてしまいます。
活性酸素が増えると過酸化脂肪も増え、酸化することで加齢臭の原因となる物質のノネナールが発生してしまいます。
すると、それが加齢臭の発生源となり、不快な臭いを漂わせてしまいます。

周囲に対して、自分の加齢臭で気分を不快にさせていないかなどと心配になりそれが逆にストレスとなり、臭いが気になれば気になるほど、精神的ストレスが加齢臭をさらに強くしてしまっている場合もあるのです。

人間は誰でも年を重ねていくのは当然ですから、年齢とともに加齢臭が出てくるのも仕方がないことだと思います。
人間生きていく以上は、ストレスと上手く付き合いながら、なるべく気にせず自分らしい生活を楽しむように過ごしていきたいですよね。
気持ちを楽に持つことでストレスから解放されると、徐々に加齢臭も減ってくるでしょう。

スポンサードリンク

ページTOPへ

[0]加齢臭の原因解消TOP

2009(C)加齢臭の原因を解消しておやじ臭を消臭!

プライバシーポリシー