加齢臭は不規則な生活習慣で増加する
加齢臭,生活習慣,増加

加齢臭は不規則な生活習慣で増加する

人間誰でも年齢を重ねていけば、体臭や加齢臭がどうしても漂い始めますが、臭い自体は人それぞれ異なります。
40歳を越えたばかりで加齢臭が出ている人もいるかと思いきや、50歳過ぎた人が全く加齢臭を漂わせていないなど、人によって違います。
これらは、個人の体質にも関係しているようですが、普段の生活習慣が臭いと大いに関わっているそうです。

つぎに、加齢臭にはどのような生活習慣が影響を与えているのかをみていきたいと思います。

ここ最近になって、「生活習慣病」という言葉をよく耳にされるかと思います。
栄養バランスの偏りや、ストレス、アルコール類の摂り過ぎ、たばこの吸い過ぎといった不規則で決して健康だとは言えない生活をしていると掛かりやすい病気のことを言います。

実は、生活習慣病と加齢臭の発生する原因がとても似通っていると言うのです。

お肉ばかり食べていると加齢臭の原因になるノネナールが増加傾向になり、たばこは口臭や体臭を強くしてしまい、活性酸素を増やしてしまいます。
今まで述べてきましたように、活性酸素が増えると加齢臭を発生させてしまう原因にもなるのです。

不摂生な生活を続けていると、年齢に関係なく加齢臭が強くなりうるのです。
また、不規則なライフスタイルは、健康にもよくありません。
できるだけ健康的な生活を過ごしていけるようにしてください。

スポンサードリンク

ページTOPへ

[0]加齢臭の原因解消TOP

2009(C)加齢臭の原因を解消しておやじ臭を消臭!

プライバシーポリシー