ビタミン類の加齢臭防止効果
ビタミン類,加齢臭,防止,効果

ビタミン類の加齢臭防止効果

活性酸素が過酸化脂肪によりノネナールという物質に変化することで、加齢臭が発生する仕組みを作ります。

ですから、根本的に活性酸素を抑えれば加齢臭の元を断ち切ることができるのです。
ある程度の食べ物で活性酸素を抑えることができますから、ビタミンCやEにたくさん含まれている抗酸化剤(スカベンジャー)を含んでいる食品を摂ると良いでしょう。
加齢臭の発生を防ぐためにこういった食品を積極的に摂取してください。

それでは、抗酸化作用のあるビタミンCやEはどんな食品に含まれているのでしょう?
以下に紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

まず、「緑黄色野菜」や「果物」が挙げられます。これらは、ビタミンCを多く含んでおり、抗酸化作用がある代表的な食材なのです。

こういった食材に含まれているビタミンの効果は、ビタミンEが酸化したものを再生し、それをビタミンCが加齢臭の原因となる活性酸素を取り除くというものです。

このほか、豆類やイモ類、緑茶などにも多く含まれているので、容易に摂取しやすいと思います。
そんなに深く考え込まず、もっと気楽に、加齢臭対策としてビタミンCやビタミンEなどのビタミン類を摂取してみませんか。

スポンサードリンク

ページTOPへ

[0]加齢臭の原因解消TOP

2009(C)加齢臭の原因を解消しておやじ臭を消臭!

プライバシーポリシー