加齢臭対策の香水の使い方
加齢臭,対策,香水

加齢臭対策の香水の使い方

自分の体から出ている加齢臭をごまかそうと香水を使用する人もいると思います。
もっとも効果的と思える方法ではありますが、香水の量に気をつけて使用しないといけません。
香水を付けているのか付けていないのかがわからない程度の適量が好ましいでしょう。
「私は香水を付けています!」とアピールするぐらいにたくさんの量を付けすぎるのは良くありません。

自分自身はそれで満足でも、周囲にはキツイ香水の香りが苦手な人もいますので、他人に不快感を与えないように適度の量を付けるように気をつけましょう。

加齢臭や体臭を気にするあまり、香水を付けすぎる人が多いようです。
逆に、体臭と香水が混じると妙なにおいになりますので、かえって香水は使わないほうが良かったりもします。

そうは言っても、加齢臭や体臭で悩んでいる人には香水は手放せないものだと思います。
使う場合は適切な方法で使用されることをおすすめします。
それでは、香水の適切な方法を説明していきますので参考にしてみてください。
まず、香水を付ける前に消臭スプレーで体臭を消してしまいましょう。
体臭を消した後、香水を直接付けるのではなく、香水を体から離れた空間にシュッと一吹きしてからその下をくぐるようにしながら香水を付けると良いと思います。

手首や首下に香水を付ける人がいますが、この場合、香水が衣服に付く可能性もあり、そうなれば体臭と加齢臭と香水の香りが混ざり合って衣服に付いてしまいます。
香水が付いた衣服は、洗濯やクリーニングで臭いを消すようにしてくださいね。

スポンサードリンク

ページTOPへ

[0]加齢臭の原因解消TOP

2009(C)加齢臭の原因を解消しておやじ臭を消臭!

プライバシーポリシー