臭い部屋の臭いを消す方法

◆生ごみ
生ゴミの臭いは、特に夏場になると部屋の内外を問わず気になるものです。
料理の際に出る野菜くず、油、残飯などを空気中の微生物が分解する時に出るガス臭が、生ゴミの悪臭の原因です。
部屋に漂う悪臭は、このガス臭なのです。
ガス臭を防ぐためには、微生物の増殖を防ぐことがポイントです。
ゴミ箱の蓋の裏側に付けられる脱臭剤、手軽に利用できるスプレーなど様々なグッズが、最近は販売されています。
ここでは、ちょっとした工夫で消臭できる方法をご紹介しましょう。
どれも手軽にできるものですから、是非、実践してみて下さい。

○油を流さない。
排水口に油を流してしまうと、微生物のエサになるだけではなく、カビの発生や排水管に油がこびりつき腐敗臭の原因になります。
油で汚れた食器やフライパンは、新聞紙で拭き取って洗うようにして下さい。
新聞紙は、油を吸収するだけではなく、紙に含まれる炭の成分が消臭効果があるのでWの効果が期待できます。

○排水口のゴミ受けに生ゴミを溜めない。
栄養・温度・水分が微生物の増殖の条件です。
そんな増殖の条件のすべてが揃っているのが、排水口のゴミ受けなのです。
排水口のゴミ受けのゴミはすぐに取り除くようにして下さい。

○生ゴミの捨て方。
十分に生ゴミの水気を取って、ゴミ箱に捨てる時はビニール袋に新聞紙を引いて捨てる。

○コーヒーかす、茶がら。
どちらも、消臭効果があるので生ゴミに混ぜておくといいでしょう。

○生ゴミには酢水。
酢の中に含まれている酢酸成分は、腐敗臭であるアルカリ臭を中和する効能があります。
スプレーボトルに、酢2:水1を混ぜた酢水を入れて、生ゴミに振りかければOK。

ご紹介した消臭の工夫は、キッチンだけではなく部屋の中のゴミ箱の悪臭対策にもお勧めです。
消臭抗菌加工のしてある赤ちゃんのオムツ用ゴミ箱を、ゴミ箱として使用すると言うのも一つの方法ですね。


スポンサードリンク

ページTOPへ

[4]PRE
NEXT[6]

[0]部屋の臭い消しTOP>[2]臭いを消す方法〜臭い別>生ごみ

2011(C)部屋の臭い消す!部屋の匂いの原因と対策

プライバシーポリシー