臭い部屋の臭いを消す方法

◆靴
靴を脱いだ時に、悪臭を感じた経験のある方もいるでしょう。
足の皮膚に常にいるバクテリアなどの細菌が、人から出た汗の作用で分解されて、それがさらに足から分泌される皮脂やあかと作用し悪臭になります。
その悪臭が靴に付着してしまうのが、靴から臭う悪臭なのです。
そんな悪臭の根源が、家族の人数分以上に玄関に置かれているのですから、玄関はもちろんのこと、部屋まで不快なニオイが広がっても不思議なことではありません。
カビ臭、酸性臭が悪臭の元なのですが、一気に増殖するのが靴内の湿度・温度・酸素・栄養の4つの好条件が揃った時です。
4つの好条件を全て取り除くことは簡単なことではありません。
ただ、靴の消臭、玄関や部屋の消臭のためには、この四つの絶対要素のいくつかを取り除く努力をする必要があります。

常時、酸素は空気中に存在しています。
そして靴を履く人間の体温、足の皮脂やホコリが湿度の栄養になりますので、これらを取り除くことはかなり難しいと言えます。
そうなると、取り除けるものとしてあげられるのが湿気です。
ここでは、湿気を排除するやり方を何通りかご紹介します。
ご紹介するのは、さほど酷い汚れではない靴の場合になります。

・履いた後は、天日で乾燥させる。
・丸めた新聞紙を靴に詰める。
・10円玉を入れておく。(履く時は取り出す)
・湿気を吸収する効果のある乾燥させた茶殻、コーヒーかす、重曹などを通気性の良い袋に詰めて入れる。
・2日続けて同じ靴を履かないようにする。(湿気の蓄積を防ぐ)

靴の湿気を取り除いたら、消毒用アルコールをパフなどに浸み込ませて靴の内部を拭いておくようにして下さい。
こうすることで、細菌の繁殖を防ぐことができます。
消毒用アルコールの代わりに、水で2〜3倍に薄めたお酢を使っても構いません。
汚れた靴は、基本、それぞれの洗浄方法でよく洗い、よく乾かすようにして下さい。

靴の消臭だけではなく、玄関・部屋の消臭を考えて実践してみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

ページTOPへ

[4]PRE
NEXT[6]

[0]部屋の臭い消しTOP>[2]臭いを消す方法〜場所別>靴

2011(C)部屋の臭い消す!部屋の匂いの原因と対策

プライバシーポリシー