臭い部屋の臭いを消す方法

◆お風呂@
湿度が高く、お湯を使うので温度も高いバスルームは、カビや細菌の繁殖には絶好の場所です。
ドアのパッキン、換気扇、浴室の小物である洗面器、椅子、スポンジなどに付いているカビや細菌が、バスルームの悪臭の原因です。
常に、バスルームを換気することで、消臭効果が期待できます。
バスルームのカビは、部屋の空間全体に浮遊し、バスルームの近辺をカビ臭くしてしまうので除去することをお勧めします。
また、カビは置いている小物にも発生しますから、できるだけ小物の数を減らすようにするといいですね。
風呂釜・壁・換気扇・浴槽・排水口・ドア(ドアパッキン)の全てを清潔にすることも大事です。

ご家庭によっては、浴室でオムツや靴を洗っていることもあると思います。
こうした行動は、細菌の種類をさらに増やすことにもなり、ニオイの原因物質を増やすことにも繋がります。
細菌やカビなどが原因となって発生するイヤなニオイをきちんと消臭するには、掃除が大切ですね。
2〜3枚の板を合わせた蓋がありますが、フタの淵に使用されている素材はカビが一度入りこむと取ることが難しいものです。
お子様のためにも、お子様のお風呂場で使うおもちゃなどは使用後はしっかりと洗って、ネットなどに入れて乾かすようにして、清潔にしておくようにして下さい。
髪や、洗剤かすが流れていく排水溝は、ぬるぬると黒ずんでしまいますから、排水溝のごみ受けのゴミは最低でも1週間に1度は取るようにすることをお勧めします。
ゴミを取った日は、ブラシでぬるつきを取るようにすることで、カビの発生を軽減することができます。

健康的で快適なお部屋空間を作るためにも、カビの飛散・部屋への浮遊を防ぐために、清潔なバスルームであることが大事なのです。


スポンサードリンク

ページTOPへ

[4]PRE
NEXT[6]

[0]部屋の臭い消しTOP>[2]臭いを消す方法〜場所別>お風呂@

2011(C)部屋の臭い消す!部屋の匂いの原因と対策

プライバシーポリシー