臭い部屋の臭いを消す方法

◆お風呂A
ドブのような悪臭が排水口から上がってくることはないでしょうか?
隣接する玄関や部屋にそんなドブのような悪臭が漂うなんて避けたいことだと思います。
ここでは、排水口の消臭方法をご紹介しましょう。
排水口の臭いの原因には一過性にすぎないものと慢性的なものがあります。

【慢性的な場合】
通常は、トラップと呼ばれる、排水口の目皿の下には封水と言われる水が溜まっています。
封水は、下水からの下水ガス(いわゆる悪臭)や微生物の侵入を防止するために、カップをトラップ内に設置して水を溜めると言う構造になっています。
その封水の量が少なくなっている場合、悪臭や微生物の侵入を防ぐことができず、臭いを発生しているのです。
これは、下水溝と排水口の構造上の問題の可能性があります。
また、カップの腐食や破損が理由であるケースもあります。
他にも、封水が最近増えてきた浴室乾燥機の熱のせいで蒸発してしまっていることもあるようです。
封水に水が溜まっていないと下水ガスが下の方から上がってくることになります。
しかも空気中の酸素と下水ガスが反応すると硫酸に変化してしまいます。
すると、浴室内だけではなく隣接する部屋空間の空気まで汚染することになるのです。
そうならないように、水を流して封水が溜まっているかどうか、確認してみて下さい。
自分で解決できないようなケースだと、業者さんに相談することをお勧めします。

【一過性の場合】
こちらの原因は構造上ではなく、石鹸カスや汚水などの汚れが原因になります。
トラップ内のゴミをちょくちょく廃棄して、洗浄すればOK。
市販されているぬめり取り洗剤、塩素系漂白剤を使用して掃除することできれいになりますが、商品によってはトラップ内の器具を傷めてしまうものもありますので必ず、商品説明をよく読み、使う頻度などを確認してから使用するようにしましょう。
消臭効果抜群で天然素材である重曹を使用する場合は、直接、重曹を振りかけてブラシなどできれいにこすり洗いして下さい。


スポンサードリンク

ページTOPへ

[4]PRE
NEXT[6]

[0]部屋の臭い消しTOP>[2]臭いを消す方法〜場所別>お風呂A

2011(C)部屋の臭い消す!部屋の匂いの原因と対策

プライバシーポリシー